米財務省の為替報告書

こんにちは。

4月29日に米財務省が発表した半期為替報告書で

初めて「監視リスト」なるものを設けたらしいです。

そして日本、中国、独、韓国、台湾を監視リストに指定。



はっきり言ってなんのこっちゃかわかりませんが(笑)



要するに米側から「為替操作国」や「不公正貿易国」

と言われないように気を付けろや!

って事らしいです。変な為替介入しないでね。って事なんでしょうね。



そしてそれに答えて麻生財務大臣さんが

「そんな事いったって必要なら円売り介入するよ」

って言ったみたいです

(要約して口語調で書きました)



あとは参考にしたサイトのリンク貼っておくので

興味があれば読んでください。



M2JFX

日本経済新聞

マイナビニュース



あ~ここまで考えると難しいね。

そしてここまで解っても

どっちに行くかなんて誰もわかりません。



そして「こっちだ!」と明言してる人も

あまりみかけません。

私みたいな落ちこぼれ投資家は

そんな強気な人を求めてるんですけど(笑)



要するに「何かが起こる」という

可能性があるだけなんですよね。



だからFXで儲けてる人ほど

場が荒れそうなときは

「静観」

してるように感じます。


そう、何もしないです(笑)


そして自分で確信を持てたときに動いてる。


そういうものに わたしはなりたいw(by宮沢賢治)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック